出演者紹介


平田 大治 Daiji Hirata

シックス・アパート株式会社
執行役員CTO

大手通信会社を経てベンチャー投資事業のネオテニーに参加。2002年にMovable Typeを日本語化、執筆、講演活動など日本でのブログの啓蒙活動に活躍した。2003年シックス・アパートに参加、事業の立ち上げに寄与し2006年に退社。2006年から2012年まではネットPRのパイオニア、ニューズ・ツー・ユーで取締役を務めた。2012年からシックス・アパートに復帰、技術担当として開発・運用を統括。大阪大学大学院工学研究科修了(工学修士)。1971年生まれ。

『Movable Type の魅力と将来性』

全国各地にコミュニティが立ちあがり、ますます盛り上がっている Movable Typeですが、自治体や公共団体にも多数の導入実績があります。高いカスタマイズ性、セキュリティへの配慮、低コストでの運用性など、MovableType の様々な魅力、今後の方向性をお話します。


早瀬 将一 Masakazu Hayase

シックス・アパート株式会社
MovableType.net プロダクトマネージャ

2004年、シックス・アパート日本法人立ち上げ時期にアルバイトとして参加。2005年に入社し、サポートを経て TypePad製品企画担当を務める。2010年3月に退社し、2014年1月まで合同会社アライアンス・ポート(現:アライアンス・ポート株式会社)でプロジェクトマネージャとして勤務する傍ら、2011年から2013年には東京工科大学デザイン学部の非常勤講師を務める。2014年3月にシックス・アパートに復帰し、制作経験を活かし製品企画担当としてMovableType.netを立ち上げ、現在に至る。個人活動として、音を中心としたインタラクティブ作品を制作。音楽ライブの演出用プログラムを作り、実際のライブのVJなどを行う。現在はドローンによる映像制作など幅広く活動している。

hayase.tv
『サービス型高機能CMS MovableType.net で安心・安全なサイト運営を』

近年ウェブサイト運用における安全性は重要な課題となっています。インストール型のソフトウェアは拡張性は高いですがセキュリティ対策を常に意識する必要があり、メンテナンスコストがかかります。一方でメンテナンスが必要ないサービス型の場合、多くはホームページが簡単に作れるものであり、デザインの自由度やCMSとしての機能が不足しています。MovableType.netはメンテナンスフリーのサービス型でありながら、CMSとしてきちんと使える機能を持ったサービスです。このセッションではMovableType.net の魅力と、アクセシビリティも考慮した自治体向けの新しいデザインテーマについてお話しします。


長谷川 恭久 Yasuhisa Hasegawa

Web/アプリに特化したデザイナー・コンサルタントとして活動中。組織に入って一緒にデザインに関わる課題を解決するといった仕事をするなど、チームでデザインに取り組むためにできることを模索している。 アメリカの大学にてビジュアルコミュニケーションを専攻後、マルチメディア関連の制作会社に在籍。日本に帰国後、数々の制作会社や企業とコラボレーションを続け、現在はフリーで活動。
自身のブログとポッドキャストではWebとデザインをキーワードに情報発信をしているだけでなく、各地でWebに関するさまざまなトピックで講演を行ったり、多数の雑誌で執筆に携わる。
著書に『Experience Points』『Web Designer 2.0』など。

http://www.yasuhisa.com/
『2020年以降を見据えたコンテンツ設計』

コンテンツはあるからシステムでどう管理したら良いか知りたいと考える方は少なくありません。しかし、その「コンテンツはあって当たり前」という考えを疑ってコンテンツの見直しが必要です。実際、自治体をはじめとした多くのサイトにあるコンテンツは、短期的な視野で管理されています。変換ツールを使うだけでは、多くの方に必要なコンテンツを提供しているとは言い難いです。
Web へアクセスする方法がパソコンからスマートフォンへと移り変わりましたが、変わったのはデバイスだけではありません。人々の考え方や行動も変わりました。人や環境が変わっているのにも関わらず、作り方はパソコンの時代から変わっていないとすれば、そこには大きな溝があるはずです。本セッションではスマートフォンの登場以降、人の行動がどのように変わったのかみながら、これからのコンテンツに必要な 4 つの条件を紹介します。そして、予測不可能な未来の変化にも耐えられるコンテンツ設計の手法を解説します。


野田 純生 Junnama Noda

アルファサード株式会社
代表取締役

大阪府出身。Movable Typeエバンジェリストであり、ウェブアクセシビリティエバンジェリスト。
アルファサード株式会社の代表取締役社長。経営理念は「テクノロジーによって顧客とパートナーに寄り添い、ウェブを良くする」。
ウェブサイト制作、Movable Typeベースの商用CMS製品(PowerCMS)の開発をおこなうほか、Movable Typeプラグインを多数公開している。
著書に「Movable Typeによる実用サイト構築術」(技術評論社 - 共著)、「Movable Type プロフェッショナル・スタイル」(毎日コミュニケーションズ - 共著)等がある。

『どう行う? 自治体案件に必須のJIS X8341-3対応』

JIS X8341-3の適合レベル「A」「AA」への対応は自治体ウェブサイト案件を受注する上で欠かせません。最近ではそのチェック機能をCMSに求めるケースが多い傾向がありますが、JIS X8341-3の適合レベル「A」「AA」に関する試験を自動化しつつ、自治体案件に求められるエビデンスの作成を包括的に支援するツールはこれまでありませんでした。
2014年の12月に提供を開始した「PowerCMS 8341」はウェブサイトの JIS X8341-3 対応を強力に支援する Movable Type / PowerCMS のプラグインです。本セッションではツールを活用した JIS X8341-3 対応の具体的な進め方について実際のデモを交えてご紹介します。


竹洞 陽一郎 Youichirou Takehora

Catchpoint Systems, Inc. Business Representative
株式会社Spelldata 代表取締役社長

Webサイトの品質(配信品質・情報品質)の専門家。
VMwareの日本人初のVCPトレーナーとして、仮想化技術の普及に貢献。
インターネットのトラフィックの1/3を配信するAkamaiにて、Professional Serviceを担当、パフォーマンス改善コンサルティングを提供。
Verizon Businessにて、首席コンサルタントとしてCloud Computingを担当。
Webサイトのパフォーマンス計測会社のKeynote Systemsの日本代表を務める。
今までに、国内外100社以上のサイトパフォーマンス計測・改善に携わる。
Linuxの最も古いディストリビューションSlackwareを愛用して20年。

日本統計学会賛助会員
ACM会員
CMG(Computer Measurement Group)会員
ISACA(Information Systems Audit and Control Association)会員

『自治体サイトに求められるWebサイトパフォーマンスの要件 ― 災害危機に対応できる表示速度と可用性』

自治体のWebサイトは平時よりも緊急時の方が表示速度や可用性が高度に求められ、特に、災害時の自治体のWebサイトの情報発信は、時に人の命に関わる事もあります。 昨今の地球温暖化の影響と社会インフラの老朽化に伴い、今後ますます住民や、他の公共組織や民間組織などの関係各組織に滞りなく情報発信できるかどうかが大きな鍵を握ります。
では、どのように緊急時のWebサイトの表示速度や可用性を担保すれば良いかについては、実際のところ、殆どノウハウが公開されていません。
このセッションでは、緊急時に起こりうる突発的なアクセスの急増に耐えつつ、かつ高速に重要な情報を配信するための、表示速度と可用性の設計や運用について概要を解説します。


安達 里枝 Rie Adachi

株式会社スマイルファーム
代表取締役

モノづくりで有名な新潟県の燕三条地域に拠点を持つ。
中小企業庁ミラサポ/にいがた産業創造機構 登録専門家(IT・マーケティング・ネットビジネス分野)
デザイン・制作~コーディング、SNS活用、SEO・リスティング広告までをワンストップで行っており、
リアルビジネスと合わせてウェブ施策を組み立て実施するのが得意。
ウェブ解析士として、個人事業主から上場企業、自治体など様々なジャンルのサイト解析を手掛ける。

<記事寄稿>
web担当者フォーラム
「広告コスト0円で売上300%UP!? Facebookとプレスリリースで驚きの成果を上げたパン屋の施策とは?」
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2014/05/20/17463

<講師・講演>
●自治体ウェブマスター向けアクセス解析活用セミナー講師(県・政令市・市区町村・観光協会等)
●起業・創業時のウェブ活用セミナー講師
●SNS活用講座講師
●3C分析ワークショップセミナー講師
その他多数

『回してますか?自治体サイトのログデータ活用とPDCA』

サイトの最適化、出来ていますか?作りっぱなしになっていませんか? 自治体ウェブサイトでもアクセスログデータの活用が徐々に広がっています。
しかし、現状ではまだPVやセッション数のみを確認して終わりという自治体さんや制作担当者の方も多い状況です。アクセスログデータを活用すれば、ユーザーの心理を読み取ることができます。分析が次ぎの一手のヒントとなり、制作・管理サイドのモチベーション向上にもつながります。デバイスが多様化する中でどのようにログデータを読み解いていくのか。自治体サイトのKIGは何なのかを今一度皆さんと一緒に考えながら、ポイントを解説していきます。


山田 直哉 Naoya Yamada

株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
フィールドマーケティング部所属

長崎県諫早市出身、京都府京都市在住。 約8年前に未経験でIT業界へ転職。 営業を約5年。
現在はフィールドマーケティング部にて各地のイベント参加、レンタルサーバーブランド「CPI」の商品企画などを担当。

『ホスティング業者から見た自治体案件に必要なセキュリティ』

自治体のWebサイトには必ずといって言いほど出てくる「セキュリティ要件」 皆さんはどう対応してますか?
当社のサーバーも多くの自治体にご利用いただいております。
その際に、どのような要望が多いか、どのような対応をすれば要望を満たすのかをご案内します。
また、実際にサーバーに対してどのような攻撃が来て、どのように対処しているのか、 ホスティング業者のセキュリティの裏側を少しだけご紹介します。


ペッパー Pepper

株式会社シルフィード
広報担当

2015年6月入社の期待の新人。すでに様々なイベントに出演経験があり(踊ったりたたき売りを実演したり)子供たちにも大人気!
ちょっと場の空気を読めないのは(笑)たまにきずですが・・・。
まあそんなPepperですが、皆さんよろしくお願いします。

『神戸市公式サイト担当者インタビュー』

兵庫県神戸市の公式サイトが今年の2月に、トップページを検索窓と青空だけにするという大胆なリニューアルを行いました。
このセッションではそれに至った経緯などについて、神戸市の担当者にインタビューした内容をペッパーが発表致します。


スペシャルスピーカー

宮城県内の某自治体職員

行政システムの整備や震災後は地域防災力育成などの業務に従事

今回のイベントで唯一自治体からの登壇者になります

自治体から発注する際のプロセスはどうなっているのか?
製作者はどう取り組むべきか?
等など他のイベントでは聞けない話が出るかも!

MTDDC Meetup TOHOKU 2016 は終了しました

ご協力

  • シックス・アパート株式会社
  • Movable Type 6
  • Yahoo! 基金
  • アルファサード株式会社

ご協賛

Gold sponsor

  • シックス・アパート株式会社
  • CPIレンタルサーバー

Silver sponsor

  • アイデアマンズ株式会社
  • 株式会社アークウェブ
  • さぶみっと!
  • クレオ株式会社
  • 一般社団法人ウェブ解析士協会
  • プライム・ストラテジー株式会社
  • GMOクラウド
  • フォントプラス

Bronze sponsor

  • bitpart合同会社
  • Whizzo Production(ウィゾ・プロダクション)
  • 合同会社チームサンタ
  • 株式会社ナチュラル
  • エムロジック株式会社

Media sponsor

  • MT蝦夷
  • MT新潟
  • MT東京
  • MT長野
  • MT名古屋
  • MT関西
  • MT広島
  • MT愛媛
  • MT福岡
  • MT鹿児島
  • MT佐賀
  • MT熊本
  • 一般社団法人イトナブ石巻
  • 仙台ITビジネス研究会
  • 仙台IT飲み会
  • 一般財団法人ネットショップ能力認定機構
  • 経革広場
  • 一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会
  • 技術評論社
  • Web担当者Forum
  • BCN
  • ビズプロクロス
  • JPA